だってこいんだもん
【コイン好きが集うサイト】

古銭買取をインターネット上のやり取りで行う

ブランド物の買取をしてもらうとき、必ず実物のやり取りがあります。カバンなどの場合、細かい部分で汚れなどが見つかることがあるからです。それをきちんと見極める必要があるため、写真などをやり取りして査定をしてもらうことはありません。一応ブランドの型番などで簡単な査定はしてもらえます。新品ならその査定に近くなります。古銭買取の場合、業者によってはインターネット上でかなり実際の買取額に近い査定がしてもらえます。硬貨にしてもお札にしても、表と裏しかありません。それを所定の撮影方法で撮影した写真をやり取りするだけで査定ができます。それが完全に買い取り額になるわけではありませんが、ブランド物のように後で大きく変動することは少ないです。古銭買取の場合、まずそのものの価値があり、さらには状態があります。写真である程度状態がわかるため、実際に見るのに近い査定が実現するのでしょう。実物のやり取りをしなくて、査定だけしてもらうのにも使えます。