だってこいんだもん
【コイン好きが集うサイト】

知っておきたい古銭買取に関する基礎知識

押し入れの奥に眠っていた古銭や切手が、いったいどれくらいの価値を持っているのかを調べたいときには、古銭買取店に持ち込んでプロの査定を受けるのが一番手っ取り早くて、かつ正確です。とはいえプロに何もかもまかせっきりにするよりは、ある程度の基礎知識を持っておいた方が良いことに違いはありません。特に古銭については、どのような種類があって、どれくらいの価値があるのか大まかな概要は知っておいた方が良いでしょう。例えば大判小判については、大抵の場合、高額に買い取って貰える可能性が高くなってきます。当然、その保存状態によって買取される価格は違ってくるのですが、安政ものの小判の場合であれば、おおよそ三十万~四十万円、慶長ものであれば、七十万円以上の値段が付くことも珍しくはありません。とくに万延ものの大判ともなってくると百万円以上の、享保ものの大判金ともなれば、古銭買取店によっては百五十万円もの値段で買い取ってもらえることもあります。